×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

進学祝いと現金

進学祝を贈るシーズンになってきました。知人の子供が小学校や中学校、あるいは高校や大学へ進学したと知ったなら、進学祝として何かをおくるべきでしょう。

問題は、何かプレゼントを進学祝として贈るのも、選ぶのが大変だということです。進学祝の定番では学習机や文具といった直接勉強に役立つものが良いとされてきましたが、他の方が贈られるかもしれませんので微妙かもしれません。それに進学祝として現金を贈るとなると、金額で悩みそうです。入学進学祝いの相場というものを考えて贈る必要があるでしょう。

常識的にどういう形で現金を進学祝として渡すのかも意外と難しい一面で厄介です。進学祝は渡す時期を間違えたりズレたりすると難しくなりますからね。良く知った子供なら本や鉛筆、腕時計といったグッズを東急ハンズや楽天等で仕入れて贈る方が喜ばれるかもしれません。

進学祝を現金で手渡しするのか、物を贈るのか、それぞれが考えると思います。何かを贈ってあげようとしたときには、相手のことをしっかりと考えてあげることが、やはり大事だといえるでしょうね。
確定申告の医療費控除

進学祝と礼状

進学祝を贈るという事は意外に考える事が多く、気をつかいますね。それでも祝福する気持ちがあれば苦になりませんし、大事な精神でしょう。しかしながら、進学祝を送る側だけが、相手を気遣い商品や金額、渡す時期と考えるのは違うのでしょう。やはり、進学祝を受け取る側も、それ相応に受け取った事に感謝の気持ちを表す事が大切です。

古臭いかもしれませんが、礼儀というものをしっかりとわきまえていなくては失礼です、進学祝を受け取った後には礼状でもお返ししておく事はマナーでしょう。

進学祝への返礼は、やはり形あるものでお返しすると決めている方もいらっしゃいますが、それ程堅苦しく考えず礼状という手法が好まれる傾向にあります。感謝の気持ちをしたためたお礼文を相手に送り、進学祝のお返しとするわけですね。

進学祝いを贈ってくださった方は遠方の方もいらっしゃるでしょうし、進学祝を郵送してくれる方もいらっしゃるかもしれません。直接お礼を言い事は難しいですからお礼状は大切な感謝の意を示す手法です。

気持ち的には内祝で頂いたとかプレゼントで頂いたお礼は電話でお礼を済まそうと思うと思いますが、それでは気持ちが伝わらないというのが最近の傾向です。勿論メールも宜しくありません。一つ手間をかけるという事にこそ気持ちが表現できると心得ておきましょう。